使い方にコツはある!?せっかくなら効果的な方法で続けたい!

薬用アットベリー

薬用アットベリーの使い方は簡単です。

 

@お風呂に入ったときに汚れをキレに落とす

Aサクランボ大ほどのアットベリーを取り、黒ずみが気になる部分に優しく塗り込む。

B手のひらの体温を使って浸透させる

 

このような使い方でOK。
肌のターンオーバーによって黒ずみが改善されるので、少なくても3〜4か月は継続して使ってみてくださいね。

 

そして薬用アットベリーは決して難しい使い方ではないのですが、汚れの落とし方が不十分だったり量が少なすぎる、しっかり浸透させない…というような使い方だとせっかくの効き目を実感することができなくなります。

 

夜使う時は、お風呂上りなら清潔な部分に使えますが、朝使う時は、タオルなどで汚れを拭き取ってからにしてくださいね。

 

その際は、ホットタオルを使うのがおススメ。
温かいタオルを使えば毛穴が開くので薬用アットベリーの浸透が良くなります。

 

薬用アットベリーは脇の黒ずみだけでなく、二の腕のガサガサ・ブツブツ、肘や膝のガサガサ・黒ずみ、バストトップ(ちくび)、デリケートゾーン、背中のシミなどにも効果が期待できるといわれています。

 

そして、浸透が良いので、少量で済むのでコスパもいい!と評判です。
もちろん成分は安心成分で、効果がある有効成分がたっぷりです。

 

公式サイトから購入すれば返金保証もあるので効果について半信半疑な方も、この機会にお試しになってみては?効果的な使い方で毎日忘れないようにお手入れして、黒ずみのない美肌を目指してみませんか。

 

>>アットベリー 詳細ページはこちらから

 

 

≫ TOPページ