ロコシャインと比べてみて。それぞれのメリットはどう?

ロコシャイン

薬用アットベリーとロコシャインはどちらも黒ずみケアですが、この二つはどのように違うのでしょうか。

 

まず、ロコシャインは膝の黒ずみに特化したアイテムです。
とはいっても全身に使う事ができるのですが、薬用アットベリーは脇の黒ずみをメインに改善するアイテム。

 

ですから、自分が一番きれいにしたい部位、一番黒ずみが気になる部位はどこか?で、選んでみるといいと思います。

 

ロコシャインの成分はプラセンタ、ヒアルロン酸、コラーゲン、バイオアンテージ、さらにはカモミラエキスやサクラハエキスなどの美白成分、グリチルリチン酸ジカリウムなども配合されています。

 

しっかり保湿して美白することができるのがロコシャインです。

 

薬用アットベリーの成分は、プラセンタ、グリチルリチン酸2K、甘草フラボノイド、トウキエキスエイジツエキス、さらにはセラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチン、トレハロース、アラントインなどが配合されています。

 

どちらの黒ずみケアもたっぷりの保湿成分で、保湿効果について即効性を感じるという口コミも多いですね。ただ、黒ずみが薄くなるという効果については、ある程度継続して使わないと判断できないようです。

 

肌に優しく使えるかどうか、自分似合っているかどうかまずはお試ししてみてはいかがでしょうか。どちらも返金保証があるので気軽にお試しできますよ。

 

ただし、脇のケアを一番にしたいなら薬用アットベリー、膝の黒ずみを一番にケアしたいならロコシャインというようにメインに使う部位によってどちらかを選んでくださいね。

 

>>アットベリー 詳細ページはこちらから

 

 

≫ TOPページ